ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

成城みつ池緑地観察会

e0047581_14483087.jpg


この写真は世田谷区の成城、野川の流れにほど近い国分寺崖線の一角にある
「みつ池神明の森」という森で撮影しました。
ふだんは人がはいることはできない閉鎖管理地です。
手入れをしているボランティアさんも月3回程度など、入る日数が決められているそうです。
それほど厳しくしているのは、東京23区ではめったに見られない手の入っていない古い緑地だからです。
谷戸のような風景の中、湧水の小川が流れる様子は予想以上のものでした。

春の野草たちが顔を出し始めていました。
e0047581_14525727.jpg


e0047581_14543686.jpg


一つ一つの群落はそんなに大きくないけれど
色んな種類の野草たちが暖かな日差しをあびていました。
植物たちは決して動かすことなく出てきた場所で咲かせているそうです。

カワゲラ、トビゲラなどの水生昆虫を見せていただいたきました。
サワガニも生息しています。
水生昆虫は種類が多く、定期的に調査もされているようでした。
また土壌生物の話もうかがいました。
たくさんいるミミズの種類を専門家に同定してもらったそうです!
土壌は本来環境をはかるのにもとても重要なようですが
あまり興味を持って見ることはありませんでした。
土がほんとはその場所の環境の要なのですよね。
土壌にも目を向けて、
総合的な環境というものを感じることの価値を
教えていただきました。
e0047581_1602761.jpg

お花がきれいなのは楽しいけれど、そのために植物を動かしたりすることを考えるのではなく
あくまで環境の維持を心がける。植物がどのように変化していくか、きちんとデーターを取り見守っていく。生物多様性の維持をこころがける自然との接し方は、ダイナミックな改変では決してなく、ゆっくりと見守る作業です。人間が快楽を求めるために何かを変えていくことはしませんが、下草刈りなどは行い、風や光が通るようにしていきます。これは生きもののためですが人にとっても美しい場所を作ることになります。この美しさをわかちあえる人が一人でも多くなってほしい。それが私にとっては社会を変える事になるのだと感じています。
みつ池のボランティアさんたちはこの美しさがわかる方達の集まりだと感じました。

お昼にクマザサのお茶をいただきました。
こうばしい森のめぐみが体の中にしみわたりました。

e0047581_15354852.jpg

[PR]
# by nabana05 | 2017-03-27 16:03 | 東京散歩日和 | Comments(0)

鳥のいろいろ

数人の仲間と共に水元公園に行ってきました。
水元公園はたいへん広くいろいろな環境があるため
さまざまな鳥が見られます。


e0047581_2148335.jpg

ヒドリガモ。
岸辺で列になって休んでいましたが、私たちの気配を多分感じて
はしっこから池の中に移動。
休憩を邪魔してごめんなさい~


e0047581_21501499.jpg

カワウが岸辺で休んでいるのは見たことがありません。
必ず水の中の杭などにとまっています。
手前から2番目の杭では他のウが来て、
先にとまっているウを追い出していました。
もっと手前の杭があいていたのに。
池の岸に近いのより中ほどのが上席なのかな?


e0047581_215337100.jpg

カワラヒワはアキニレの実を食べていました。
不鮮明な写真ですが、アキニレの実をくわえているところです!
カワラヒワのようなナッツ好きの鳥にアキニレは人気です。


e0047581_21563082.jpg

じーっととまりたまにダイブするカワセミ。
このカワセミは2度ほどダイブしたのを見ましたが、
どうもエサが採れている感じはしなかったです。
私達は粘り切れずにその場を離れましたがカワセミはじーっとどのくらい粘ってたのだろう。

e0047581_220427.jpg

コガモ。
ペアになっていたのかどうか、まだ群れの中の2羽で微妙な段階?
e0047581_2234161.jpg

こんな感じです。
でもカルガモは明らかにペアになっている者もいたので
そろそろ相手を見つける時期なのでしょう。
春に向けて相手探しが始まっているようです!

今日見たのはモズ、オオバン、ヒドリガモ、カイツブリ、ミミカイツブリ、カワセミ、カワラヒワ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、ウソ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ツグミ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、メジロ、ノスリ、コガモ、ハシブトガラス。
[PR]
# by nabana05 | 2017-01-21 22:04 | 虫と動物 | Comments(0)

生き抜くために

自然感察 5・7・5
メジロみな 必死で笹葉の 餌をとる

ずっと行きたかった野鳥を見る会にやっと参加できました!
日野市の公園には長い霜柱が出来ていて
完全防備していた体も次第に冷え切ってきましたが
3時間鳥たちを眺めることができ満足です!

一番面白かったのがメジロ。
e0047581_17344868.jpg

e0047581_17343093.jpg

道の両脇に1m~2mに伸びたササの藪を
メジロたちがとびかっています。
笹の茎に必死にしがみついて葉の裏の何かを食べていました。
観察会に参加していた女の子が何を食べているのかみつけてくれました。
お父さんの望遠レンズのカメラを駆使して葉裏から小さな虫をつまんでいる嘴を撮影したのです!
あっぱれ。
どうもアブラムシのように見えました。

写真がよくないですが、カワラヒワもササにつかまって何かを食べています。
遠くて餌が何かはちょっと私には見当がつかなかったです。
e0047581_17395199.jpg


そしてモズ。
e0047581_17403715.jpg

じっと見つめ続けるその先に何が見えたのか?
時折降りては餌をとっているようでした。
ミミズのような長細いものを加えていたという目撃情報もありました。

鳥たちはとにかく必死で常に餌を探しているのでしょう。
凍てつくような冬の日を生き抜けるかどうか。
一匹のアブラムシだってきっと大事なタンパク源なんだろうなあ。
家に帰り、暖かな部屋で饅頭を食べながら一応鳥の苦労を思いやるのでした。
[PR]
# by nabana05 | 2017-01-15 17:50 | 虫と動物 | Comments(0)

見上げれば雨雲

自然感察  5・7・5

驟雨やみ かまきりはまだ 雨宿り

e0047581_1659102.jpg


今日は台風からの熱帯低気圧が
ときおり強い雨を降らせたけれど
おおかた曇りでした。
雨が止んで1時間以上過ぎていたので
このカマキリがほんとに雨宿りをしたままで
ここにいたのかどうかはほんとはわからないけれど
そういうことにしてしまいました!

この夏は東京ではほんとに雨が多かった。
見上げれば雨雲。
降らないまでも、乾燥した抜けるような夏空は
少なかったように思う。
晴れている日も蒸していた。

広く日本を見れば、年々過激になる豪雨災害。
「観測史上最高」という言葉に驚かなくなってしまった。
世界を見れば、永久凍土の中のメタンガスが放出されるという。
毎年毎年より大きな災害が日本で、世界で起こっていくのだろうか?

一匹のカマキリから妄想が広がった。
妄想ならいいのだけれど。

ヤマハギ(たぶん)も雨上がり、風に揺れていました。
e0047581_17152878.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
[PR]
# by nabana05 | 2016-09-08 17:15 | 季節 | Comments(0)

キツネノマゴは人気者

自然感察5・7・5

次々と 花のさかずき
  飲みほされ

キツネノマゴ
なんだか意味はよくわからないけど
可愛い名前です。
孫はどの孫も目に入れても痛くないほどの
人気者に違いありませんが
このマゴも大人気。

e0047581_21160752.jpg
e0047581_21162394.jpg


e0047581_21153918.jpg
e0047581_21155092.jpg
まとまって咲いているとその周りはチョウやハチが飛び回っています。
この小さな花の何がそんなにひきつけるのでしょう。
意外と栄養豊富なのでしょうか。

e0047581_21161441.jpg
こんな顔の花。上の花びらはふくろうの顔みたい。
魅力の秘密を聞いてみたいものです。



 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
[PR]
# by nabana05 | 2016-09-03 22:16 | 草と木 | Comments(2)

ネコジャラシ

自然感察5・7・5 

ねこ呼んで 振ってみたいな
 ネコジャラシ

e0047581_17434132.jpg


ネコジャラシ。
子どものころ、抜いては振りながら歩いていました。
柔らかな穂の感じとネコジャラシという名前とが
あまりにぴったりだったのでしょう。
ネコが喜ぶ草だと聞いて、振りながら歩くと
自然とネコが寄ってくると思っていました。
もちろん一度も来たことはなかったです。
エノコログサという名で図鑑に載っていますが
こちらも犬ころ、から来たとのことです。


さて、また一年半も更新せずに過ごしてしまいました。
この間大切な家族を天国に見送りました。
この間いつもと異なる忙しい毎日の中で
ふと小さな生きものたちの営みに気付いたり
季節の変化を感じるときがありました。
せつない気持ちにもなりましたが
同時にその瞬間は癒されました。
ときには自分もこの生き物たちと一続きの存在ということを
じっと思うこともありました。
自然を見つめる癖がついていてよかったのかもしれません。

そろそろ再開して、また小さな自然を自分なりの言葉で
紡いでいけたら、と思っています。
[PR]
# by nabana05 | 2016-08-29 18:02 | 草と木 | Comments(2)

アジアンタム

自然感察5・7・5
北風も 気持ちよさげな アジアンタム

e0047581_17383245.jpg

凄い北風に思わずコートの前を合わせて帰宅。
雨戸を閉めようと、窓を開けると、隣の家の塀との
狭い隙間に、青々とした植物たちが揺れていました。
ああ、これらのシダは常緑なんだなあ、と改めて認識しました。
一年中ほとんど日の当たらないところに
自然に生えだして繁殖しているアジアンタム。
やわらかな葉に見えるのですが冬の寒さにも乾燥にも耐えて
青々、つやつやして、北風もどこ吹く風、といった感じです。
常緑の草本はカンアオイ、ジャノヒゲなど
葉が厚くていかにも冬の寒さに強そうな印象がありますが
シダは冬枯れるものと、残るものとが葉の印象だけではわからない気がします。
触った感じなど違うのかもしれません。
今度もっとよく観察してみよう、と思いました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
[PR]
# by nabana05 | 2015-02-15 17:43 | 季節 | Comments(1)

コブシの芽

自然感察5・7・5

コブシの芽 コート着替えて ふくらまん 

e0047581_2051691.jpg


コブシの冬芽はあたたかそうな毛皮のコートを着ていて、
早春、その芽がふくらむのを
楽しみにしている人が多いのではないでしょうか。
芽がふくらんでくると、コートが小さくなってきます。
小さくなると、一番上のコートは脱いでしまうようです。
するとその下に次のコートが一回り大きく成長しています。
何回か着替えるころには気温も上がり、
いよいよ開花となるのですね!
コブシが咲きだすと春爛漫ももう間近。
今年も花粉に負けずに出歩こうっと。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
[PR]
# by nabana05 | 2015-02-13 21:10 | 草と木 | Comments(0)

だるまさんがころんだ

自然感察5・7・5
寒ツグミ 跳ねて止まって すまし顔

e0047581_20253836.jpg


近所の公園でツグミを見つけました。
秋になるとシベリアなどからやってくるツグミ。
チョチョチョっと跳ねては
止まって背筋をピンと伸ばす感じで止まります。
よく言われているように
ほんとに「だるまさんがころんだ」みたいです。
ツグミが地面に降りているのをよく見かけるのは
寒さが一段と厳しくなって
木の実が食べつくされてきたころ。
地面に降りて
落ちている実やミミズなどを食べます。
地面に降りているツグミは
真冬の風物誌というわけです。
これから春先までは鳥にとっては餌が少ない
厳しい時期。無事北の国に帰れますように!

※1、寒ツグミという言葉は適当に作っただけで、たぶんこういう言葉はないと思います。
※2、望遠レンズがほしい…。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
[PR]
# by nabana05 | 2015-01-19 20:39 | 虫と動物 | Comments(0)

こはるびに

自然感察5・7・5

こはるびに 翅を休めて 何思う

11月の終わりにとても気温が上がって暖かな一日がありました。
e0047581_16485790.jpg


冷たい雨の日のあとで人ばかりでなく
黄色い蝶やテントウムシも出てきていい感じです。

e0047581_172092.jpg


ふと足元を見るとノゲシが咲き
翅の破れたツマグロヒョウモンが…。
まだいたのかい、という感じです。
きっと蜜を吸っているのでしょう。
成虫で冬は越さないでしょうから
わずかな命かもしれないけど
おいしい蜜を味わってほしいものです。

元気にたくさんの白い小さなガが飛び回っていました。
フユシャクの仲間でしょう。
とまる時間を惜しむかのようにやたら飛んでいました。
e0047581_1795013.jpg

やっととまってくれたのを何とか撮りました。
クロスジフユエダシャクというのだと思います。
フユシャクは天敵の少ない冬を選んで活動しますが
ほとんどが夜行性。
このクロスジフユエダシャクは昼間飛ぶので
よく目立ちます。

と老眼の目にぼんやりと小さな線対称のものが目に入りました。
ついこの間までは直接なんでも見えたのですが、
老眼になると「線対称」の小さなものは「生きもの」という見方でみつけるようになるのです…。
カメラのファインダーで覗いてピントを合わせると
e0047581_1718320.jpg

フユシャクのメスです。
自力で見つけたのは初めてで一人喜びました。

これも立派な「ガ」。クロスジフユエダシャク♀。
フユシャクの仲間のメスは翅が退化してしています。
フェロモンを出してオスの飛来を待つのだそうです。
そしてフユシャクの仲間は冬に繁殖行動をする道を選んで進化したために
口は退化して餌を食べることはないそうです。

最後までノゲシの蜜を吸おうとするツマグロヒョウモンとは
生きるすべが全く違う。
当たり前のことですが、生きものは多様な生き方を選んで進化したため
それぞれ生き残ってきたのですね。
(都内公園にて)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
クリックお願いいたします

[PR]
# by nabana05 | 2014-12-02 17:37 | 虫と動物 | Comments(0)