ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

赤い実 みーつけた!

この秋新宿や杉並でみつけた赤い実を集めてみました。
e0047581_5254782.jpg

ヤブコウジ。
センリョウ、マンリョウとともにお正月の寄せ植えに用いられて
ジュウリョウ、というのだそうです。
大きくなっても20センチくらいというかわいい木です。
じゅげむじゅげむにも「やぶらこうじぶらこうじ」と登場しますよね。

e0047581_6163777.jpg

マユミ。
これは道路端の小さな木ですがたくさんの実をつけていました。
薄紅色の果皮でアピールして鳥を呼んでいます。

e0047581_6304089.jpg

コマユミ。
マユミと同じニシキギ科で
マユミより目立たないけれど、ちょっとだけおしゃれしています。

e0047581_6353388.jpg

ツリバナ。
マユミ・コマユミと同じニシキギ科です。
鳥に目立つための進化なのでしょうが絵になる実です。

e0047581_6405744.jpg

サネカズラ。
これを見るといつも和菓子の鹿の子が食べたくなります。
集合することで大きくなり、目立ちます。

e0047581_6524029.jpg

トベラ。
海辺の木ですが、これは明治公園の木。
大きいのでヤマモモかと勘違いしていたら、トベラでした!
この実は食べるところはほとんどなさそうですが
その分ベタベタくっつきます。
中身はないけどとにかく色につられてやってきた鳥に
力技でくっついていくのです。

赤い実は一般的に
あんまりおいしくない、と言われています。
毒をもつものも多いのであんまりトライしていないのですが
ハナミズキはまずかったですねーー。
おいしいということは糖分がありその分植物としても養分を使うので
養分をつかわずとも食べてもらうための作戦、ということなのかもしれません。

人にとっても楽しめる赤い実。
早く食べられてしまうもの、冬の終わりにかけて
だんだんなくなっていくもの。いろいろです。
いろんな時期に食べごろがあるという事で
鳥にとっては、いくつもの種類の樹木がある、ということが
大事なのだと思います。

  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
 よかったらクリックお願いいたします。              
[PR]
by nabana05 | 2011-12-02 07:12 | 草と木 | Comments(2)
Commented by 草子 at 2011-12-02 23:27 x
マユミは随分と可愛らしい色の果皮なんですねー。
コマユミは葉もきれい。
この時期は春ほど花がないので、こういった赤い実を
華道の先生たちはよく使われてたなぁ~と思い出しました。
近所の垣根も赤い実がびっしり!(ピラカンサかな?)
ウチの犬はすごく匂いを嗅ぎに行きますが、食べようとはしません。
Commented by nabana05 at 2011-12-03 04:31
そうなんですよ。ピンクの実ってあんまり他に思いつきません。
マユミちゃん、と言いたくなります。(でもほんとは弓を作る木だったからついた名だそうです)
草子さんは華道に詳しいのでしたね。季節感が表せますものね。
へえ、ピラカンサって何か匂いがあるのかしら。まずいかどうかわかるのかも。ピラカンサはあれだけ赤いけど最後の最後に鳥が食べるものらしいです。
<< 葛西臨海公園今年もワンダーランド 緑色のコカマキリ >>