ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

こはるびに

自然感察5・7・5

こはるびに 翅を休めて 何思う

11月の終わりにとても気温が上がって暖かな一日がありました。
e0047581_16485790.jpg


冷たい雨の日のあとで人ばかりでなく
黄色い蝶やテントウムシも出てきていい感じです。

e0047581_172092.jpg


ふと足元を見るとノゲシが咲き
翅の破れたツマグロヒョウモンが…。
まだいたのかい、という感じです。
きっと蜜を吸っているのでしょう。
成虫で冬は越さないでしょうから
わずかな命かもしれないけど
おいしい蜜を味わってほしいものです。

元気にたくさんの白い小さなガが飛び回っていました。
フユシャクの仲間でしょう。
とまる時間を惜しむかのようにやたら飛んでいました。
e0047581_1795013.jpg

やっととまってくれたのを何とか撮りました。
クロスジフユエダシャクというのだと思います。
フユシャクは天敵の少ない冬を選んで活動しますが
ほとんどが夜行性。
このクロスジフユエダシャクは昼間飛ぶので
よく目立ちます。

と老眼の目にぼんやりと小さな線対称のものが目に入りました。
ついこの間までは直接なんでも見えたのですが、
老眼になると「線対称」の小さなものは「生きもの」という見方でみつけるようになるのです…。
カメラのファインダーで覗いてピントを合わせると
e0047581_1718320.jpg

フユシャクのメスです。
自力で見つけたのは初めてで一人喜びました。

これも立派な「ガ」。クロスジフユエダシャク♀。
フユシャクの仲間のメスは翅が退化してしています。
フェロモンを出してオスの飛来を待つのだそうです。
そしてフユシャクの仲間は冬に繁殖行動をする道を選んで進化したために
口は退化して餌を食べることはないそうです。

最後までノゲシの蜜を吸おうとするツマグロヒョウモンとは
生きるすべが全く違う。
当たり前のことですが、生きものは多様な生き方を選んで進化したため
それぞれ生き残ってきたのですね。
(都内公園にて)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
クリックお願いいたします

[PR]
by nabana05 | 2014-12-02 17:37 | 虫と動物
<< だるまさんがころんだ 落ち葉いろいろ >>