ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

カテゴリ:マイビオトープガーデン( 2 )

バケツ稲スタート!

先日知人からJAのバケツ稲セットをもらいました。
なんと「コシヒカリ」と「ニホンバレ」。
嬉しいことにマニュアルもついています。
昨年とおととしは黒米のバケツ稲をやりましたが、
脱穀がたいへんで2年目はほとんど雀にくれてやってしまいました。
玄関の戸をあけると雀が数羽パーッと飛び立って
一瞬農村にワープした気分になりました。

コシヒカリ
e0047581_551574.jpg


ニホンバレ
e0047581_555632.jpg


黒米
e0047581_563741.jpg



種を水につけたのが5月26日。

早くもバケツ稲マニュアルのやり方と違うのですが
そろそろ苗床というのか、水たっぷりの土に植えて大きくします。
今年は雀と戦ってごはんにまでしよう!

 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします               
[PR]
by nabana05 | 2012-06-03 05:19 | マイビオトープガーデン

ミチタネツケバナ

e0047581_5132356.jpg


自然をよく見よう、と思って間もないころ、
パート勤めの帰りに明治神宮によく寄っていました。
春先、菖蒲田のあたりを歩いていたら、
寒風の中小さな白い花がたくさん咲いているのが目に入りました。
「なんだろう??」一生懸命図鑑で調べて、
葉の形から「ヒロハコンロンソウに違いない」と思い008.gif
明治神宮で自然観察をしている方のすばらしいホームページを見て、
ずうずうしくもその方にメールで問い合わせてみました。
「それは、タネツケバナですよ。
イネの種もみを水につけるころ咲くのです。」
とていねいに教えてくださいました。
こんな小さな花に農耕に関係ある名がついていたなんて!
と感動したある日、
自分の家の通路にこの花が咲いているのを発見しました。
「うちにもあったんだ!」001.gif
こうして何年も「タネツケバナ」としてかわいがっていましたが
ある年、ビオトープ作りの先輩から
「ミチタネツケバナ」を教えてもらいました。
ミチタネツケバナは外来種。
1980年ごろ帰化が認められた新参者です。
一方タネツケバナは水田雑草。
湿った所が大好きです。
家に生えているのはもちろん
「ミチタネツケバナ」の方でした002.gif
タネツケバナは花のころ下の方の葉も立ち上がって
葉もつながっているというか切れ込みが浅い感じ。
外来種だって自然の仲間ではありますが
うちの小さな通路をできるだけ
外来種を減らして昔からの身近な植物を
増やそうかな、と思っています。
目指すは小さなマイ・ビオトープ・ガーデン。
続けられますように。
というわけですっかり増えたミチタネツケバナを抜きました。
でもなんとなく2株残しましたよ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします
[PR]
by nabana05 | 2012-03-20 05:47 | マイビオトープガーデン