ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

カテゴリ:その他( 11 )

畑の休日第2弾その1

先週の日曜日、「ほんもののたべものくらぶ」のイベントにまた参加しました

畑に出て、野菜を収穫させていただきました。
e0047581_1744308.jpg


大きな豆の花。
e0047581_174655100.jpg

野菜の花はほんとにきれい。
実を大きくするように作ると花も
立派になるのでしょうか?

これは「しかくまめ」の花。

これが今日の畑の恵み!
農薬の使われていない元気な野菜たちです。
e0047581_17485866.jpg


そのかわり、若く美しい農園主さんから
「イモムシ毛虫をみたらその場で切る」という命令がくだされていました。
農薬を使わないとはそういうことですよね。
たいへんだ!
この命令の実行にはもう少し修行が必要です…
[PR]
by nabana05 | 2012-09-17 17:55 | その他

畑の休日

先週の日曜日、「ほんものの食べものくらぶ」のイベントがありました。
e0047581_13425844.jpg

何をしているところかというと
e0047581_13442817.jpg

これ=大豆を蒔いているのです。
この大豆兄弟の小さいほうから2番目を中心に蒔きました。
このイベントはダイズを種から育ててみそにまでしよう!というイベントです。
何度か畑に通います。
ふだん消費者は買って食べるだけ。
理屈では食べ物を育ててくれている人がいるのを知ってはいるけど
実感は…ありません。
やっぱ、実感したいではないですか。
というわけで来てみました。
「種まきは楽勝かな?」などと甘く見ていた私。
都市公園でのボランティア作業とはスケールが違いました。
一人が棒で印をつけ、一人が種をまき、一人が土をかぶせる。
10人くらいでやっているのに次第にみんな無口に…。
おぜんだてをすべてしてもらっても「ふー」
これを普段はお一人でやっているのです…。偉大だ!

e0047581_13543461.jpg

なんとか終わりに近づいてきました。
筋肉が消滅しているぷよぷよおばさんにはこたえるのでした。
植えるときについた足跡が今日の仕事の面積を示しています。
たぶん通りがかりに見たらどうってことない広さに見えたと思うけど
やってるときはクロールで泳いでいるみたいに「まだつかない」って感じでした。

しかし!お昼には贅沢な野菜のごちそうが待っていたのでした。
e0047581_13575321.jpg

大豆のスパイス和え、大根とにんじんの塩麹漬け、ズッキーニのしゃきしゃき和え
などほんとにおいしかったです!

そのあとは野菜を見たり分けていただいたり…。
e0047581_14153389.jpg

この美しい花は!?

ジャガイモの花ですが、ふつうのじゃがいもは白い花。
これは「アンデスレッド」という品種だそうです。
e0047581_14181719.jpg

おおほんとにレッド!

ズッキーニ、新キャベツ、ニンジンなどなどを
少しずつ収穫。
お日様と雨土の力で大きくなった野菜たち。
どーんとピクルスにつけてみました。

e0047581_14431880.jpg

つけたてなのでピクルス液が少ないですが3日くらいで食べごろになりました。

この日は私の32回目+α(αとしては大きな数字が入る)の誕生日でしたが
充実感あふれる誕生日でした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いします
[PR]
by nabana05 | 2012-06-21 14:51 | その他

草木染め

草木染にはあこがれます。
あこがれるだけでまだ自分一人では
やってみたことがないのですが。

私から見ると魔法のように草木染の上手な仲間が
何人かいます。
たとえば草取りした草を無駄にせず
種類ごと分けて持って帰って染めてくるのです。

e0047581_346402.jpg


繁茂してたいへんなクサイチゴは
シックな風合い。
色の薄いほうがミョウバン媒染。
濃いほうが鉄媒染だそうです。


e0047581_352162.jpg


これも夏にはたいへんなことになる
ツユクサ。
黄色が鮮やかです。

染色によく使われるものに限らず
いろんな草などで染めてみると
黄~茶系が多いということでした。

昔はほとんど草木染だったわけですから
色彩の感覚も現代の人とはずいぶん違っていたのでしょうね。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします
[PR]
by nabana05 | 2012-06-04 04:16 | その他

最近思うこと


e0047581_540368.jpg

最近いつも心のどこかで
原発のことがひっかかっています。

CO2を出さないということで
温暖化によいというような宣伝がされ
「原発はこわいけど仕方ないのかな」
と容認するような気持ちになっていました。
若いころ、原発を見学する機会があり
そのときあまりに「安全だ」ということばかり
書いてあるパンフをもらい
「これは変だぞ」と広瀬隆さんの本などを読んでいたのに
その思いはいつの間にか風化していました。
この鈍さで環境に関心があるなんて
おこがましくて言えません。

原発から20キロ圏内は立ち入り禁止となりました。
一生戻れない、と覚悟している方もいらっしゃるようでした。
土地を家を田畑を作物を家畜をペットをふるさとを
置き去りにせねばならない人の無念を
なんとすればいいのでしょう。
その人たちの犠牲の上に電気を使っていたのだと思うと
やりきれません。
今も私は他の原発からの電気を使い続けています。

今、福島の方たちのために支援するなど
具体的にできることはいくつかあるかもしれません。

でも、原発がある限りこの構造は変わらない。
ある人たちを危険の中に置いて
都会の便利さが成り立つ、という。
そして、そうした生活を享受する限り一人一人にも
責任が生じる。
経済構造の中で遠い世界の誰かの犠牲の上に
先進国の豊かさがあるという構造は常にありますが
そういうことと次元が違う気がします。
すぐそばの誰かを生命の危険にさらす。
恩恵を享受している人間は危険が少ない。
それが原発なのだな、と感じました。

では原発のない世の中、というのは可能なのでしょうか。
朝日新聞(14日GLOBE版)にフランスの記者の言葉が載っていました。「原発をやめるなら、消費文化を転換し、社会観を変える必要がある。いずれ人類が直面する問題なのだから今その選択をしたい」とありました。フランスは8割以上の電力が原子力なので、切実な問題だと思います。それにしてもどんな「社会観」を持てばよいのだろう。消費文化というのは「もっと便利に」「もっと安く」という文化だろうか。

現在も、企業がcsrで環境問題を取り上げることがあたりまえになるなど、「便利に」「安い」以外に「地球にやさしい」という価値観が加わっていることは確かです。ここ10年くらいの変化でしょうか。ただ、原発の無い世の中を目指すというのは、得たものを手放すこと。
何をどのように手放せばいいのだろう。自分の生活をどのように変えていけばいいのだろう。

福島の人達の怒りから目をそむけずともかく見つめなくてはと思っています。
[PR]
by nabana05 | 2011-04-23 05:43 | その他

春の話題

我が家の植木鉢に自然と出てきた草が
花を咲かせました。
e0047581_13412513.jpg

直径2ミリくらい。
たくさん花をつけてかわいらしい。
まだ茎をのばしていないので
葉の中から「こんにちは!」という感じです。
この花を拡大すれば「ワスレナグサ」になります。
同じムラサキ科のキュウリグサ。
ムラサキ科の花はなんともキュート。
キュウリグサは葉っぱをもむときゅうりのにおい。
春っぽいにおいです。

最近ツィッターを始めてみました。
まだよくやり方もわかっていませんが
それでも震災に関しての支援の情報が
ほしいと思って少しフォローしたら
自分のページに
どこでどんな支援をしているか、
などの情報が集まるようになりました。
「おお!!」と感心しました。
ほんとに鳥のさえずりみたいに
誰かが発信してそれが広がっていき
行動に結びつく。
春は鳥のさえずりもさかんですが
人間界のさえずりもなかなか負けてはいないもんです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
クリックお願いいたします
[PR]
by nabana05 | 2011-03-29 13:45 | その他

生き物情報館

「生き物情報館」というページがあって、自分のフィールドノートがネット上に作れるので重宝しています。
見た生きものの報告は「生きものみっけ!」などのサイトもありますが、
フィールドノート形式のはこれだけかも?
個人のフィールドノートはオープンになるわけではありません。
また、日本自然保護協会が生き物調査をするときの情報源になるようです。
なんといっても調査地を地図の上に落とすことができるのがネットならではで魅力的です。
http://www.ikimono-lib.jp/ilib/weblog/portal
[PR]
by nabana05 | 2009-07-11 05:10 | その他

洗濯機

21年以上使っていた洗濯機をついに買い換えた。
脱水がやけにガタガタしたり、あまりしぼれていないときがあったりして調子が悪かった。
ちょっと前にほうきをつっこんで洗濯機の下をそうじしたのだが、そのあと
洗濯機を回したら、隣の洗面台の間の床で何やら黒いものが動いている。
ギョッとなってよくみたら、洗濯機の底からベルトのようなものが出ていて
振動に合わせて動いているのでした。
ひっぱって水でも漏れると困るのでそのまま放置して使っておりました。
昨日電気屋さんに聞いたら、「洗濯槽をつりさげているベルトが切れた」のだそうだ。
なるほど、だからガタガタしていたり、やけに洗濯物が偏ってしまったのか。
さて新しい洗濯機は斜めのドラムではなく縦型で乾燥機のついているもの。
中が見えて楽しい。洗剤をポケットにいれると、周りから洗剤の溶けた泡が滝のように
ふりそそいで、目を丸くしてみていた。
ただ、洗い上ると洗剤の香りが思ったより残っていた。
ネットで調べてみると、これとは違うがドラム式洗濯機は水を使う量がたいへん少なく
洗剤の匂いなどが全自動より残ることがあるらしい。
ただ、ドラム式も同じと思うが、これはすすぎの水量は自分で調整できるようになっている。
メーカーはちゃんとわかっていて、自分でよい洗濯の仕方を考えてね、と言っているようだった。そこまで節水を大事にしているというのが従来にない発想でおもしろいなと思った。
機械は付き合い方なので、うまい付き合い方をしていこうと思う。
[PR]
by nabana05 | 2008-08-29 05:57 | その他

カーボンオフセット

先日「ストップおんだん館」というところで
「カーボンオフセット」の無料セミナーがあったので行ってみた。
以前テレビでカーボンオフセット・ウェディングというのがあるという紹介をしていた。
なんでも、結婚式で出た分のCO2を相殺するというのだそうだ。
世界でやっているCO2削減プロジェクトに自分が排出した分のお金を出すということらしい。
なんだかぴんとこなかったのだが、
実際に携わっている方々の話をうかがって、
現実的な一つの方法が動いているのだ、という実感を持てた。
ただ金を出せばいくら排出してもいいだろう、という考えではないという。
自分の出しているCO2をまず調べて計算してもらう。
なるべく減らす努力をする。
それで減らせなかったものをお金で相殺する、という考え方。
企業も個人も対象となる。
間に入って、いろいろな手続きをしてくれる会社をプロバイダーという。
普通のビジネスと違ってお金を払うまでにいたる過程=「ストーリー」が大事
という新ビジネスである。
まだいろいろ課題はありそうだったが、
ぜひ新しい風となってほしいなあと思った。
http://carbonpass.jp/
これはセミナーで話を聞かせていただいたプロバイダーの発行する
「カーボンパス」のページ。
自分が生活で出しているのCO2排出量を計算してくれる。
うちなど使用量が多く恐ろしい。
[PR]
by nabana05 | 2008-07-08 05:09 | その他

ダーウィン展

薬師寺展を見に行こうと上野公園を歩いていたら
ダーウィン展の前を通った。何となく素通りできなくて入ってしまった。
はじめはただ、生涯をたどるだけなのかな、と思ったのだが、ダーウィンの頭の中を追体験しよう、というコンセプトのもと組まれた展示はなかなか感動モノでした。誰もが感動できるかどうかはわからないけれど。
e0047581_22281163.jpg

[PR]
by nabana05 | 2008-03-30 22:30 | その他

寒そうな人

高校生の娘にとって「何か作れるものかどうか」ということが物体の価値の基準となる。
雪はもちろんとても価値のある物体
e0047581_10402739.jpg
なのだ。寒そうな人、ということで写真ではよく見えないのだが、寒そうに口をすぼめているのである。
[PR]
by nabana05 | 2008-02-06 10:40 | その他