ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

落ち葉いろいろ

自然感察川柳
お日様の 絵筆木の葉を 染め分ける

草と言葉復活です!
野暮用で少々忙しかったのを口実にしばらく(1年近く!)ブログをお休みしていました。
またぼちぼち更新していこうと思います。

落ち葉の季節。
「え、この木もこんなにきれいに紅葉するんだっけ?」
と私が思う代表的な木は「ケヤキ」です。
ときどき大木が燃えるように輝いていてどきっとします。
でも、この色はすぐにうつろってしまう感じです。

ケヤキの落ち葉を集めてみました。
e0047581_15321153.jpg

木全体がこの深い赤に染まっていることがあります。
でも落ち葉を持ち帰ってもすぐに色が変わってしまいます。

下の写真はみんなケヤキの落ち葉です。
色んな色に染まっていました。
e0047581_15344175.jpg

「何色」といえばいいのかな。
本で調べてみよう!
「色の手帖」や「日本の伝統色」という本を開いてみました。
一番左は「刈安色」というのが近そうだ。
ふむふむ、イネ科の植物カリヤスで染めた色…。
左から2番目は黄朽葉色?そのとなりは飴色。
一番右は鳶色とか小豆色。ガーネットも近い。

e0047581_15453198.jpg

この一番左の色、明るくてきれいな色。
「照柿」というのが近いのかな?
あとはくちなし色、菜の花色、きはだ色?
かなり適当です…。

色探し、ぴったり合わせるのはなかなか難しい。
でもしばし、自然の色を繊細に眺めていた先人の感覚に近づけました。

桜の葉や紅葉の葉の色はケヤキよりは長持ちするようです。
一日でぜんぶ茶色っぽくなってしまうケヤキですが
はかないだけに今の一瞬の色がいとおしい。

おまけ、ヤマボウシ。
e0047581_15525044.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
クリックお願いいたします

[PR]
by nabana05 | 2014-11-26 16:48 | 草と木