ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

丸いクスの葉

自然感察川柳

 春落ち葉 左は標準 右メタボ?
  
e0047581_8402825.jpg


 桜が見ごろなのに雨の日が多いです。
 先週は小学校の校庭での自然観察教室がありましたが
 急に雨の予報に変わり、室内プログラムの準備を大急ぎでやりました。
 そのときクスの葉を近所の公園で拾い集めました。
 今の時期赤く紅葉するクスの葉は華やかな春の花の横で
 地道にきれいです。
 ふと見ると丸い赤い葉が一枚落ちています。
 何の木の葉かな?
 よく見ると、クスノキの特徴の3本の脈、
 その根元にはダニ室、香りをかぐとまさしくクスでした。
 こんなかっこうのクスの葉は初めて見ました。
 クスの葉にもこんな変り種がいるのですね。
 個性派は個性派なりの魅力があります。
 人もおんなじですね。
 (※今日の川柳は MA・MiAとの合作)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-31 09:21 | 草と木 | Comments(0)

今のセツブンソウ

自然感察川柳
綾をなす 葉っぱのじゅうたん 光受け
e0047581_95314.jpg

3月22日。都内にて。
セツブンソウは花も終わり、
スミレやニリンソウに主役が移りました。
でも、葉が織り成す模様もなかなかのものです!
私の写真ではその魅力が伝えられていませんが…。
春の妖精と言われる早春の植物たちにとっては
これから、林の緑が濃くなる前が稼ぎ時!
葉をせいいっぱい広げて太陽の光を受けて
養分をたくわえて、来春に備えるのです。
葉が茂り林内の地面が暗くなるころ
この葉っぱたちも役目を終えてなくなってしまうはずです。
じゅうたんのような広がりもきっと光をたくさん受けようとしているのでしょう。
がんばれ葉っぱ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします。   
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-25 09:14 | 草と木 | Comments(0)

源平枝垂れ桃

自然感察川柳
花桃は 春のパレット 乱れ咲き
近所の神社の「源平枝垂れ桃」が花を開いていました。
この花色は本当に多彩です。
紅と白が混在するので「源平」と名付けられているのでしょう。
でもただ紅花と白花が混ざるだけではなく…
こんな感じ… たった一本の木なのに…。
e0047581_88960.jpg
e0047581_883335.jpg
e0047581_885285.jpg

白地に紅の模様が入ったもの
紅の花の濃度もさまざまで
薄いピンクも…。
赤と白の絵の具をパレットに出して自在に混ぜたかのようです!
園芸種なのでしょうが
遺伝の出現の関係で
このように多彩になっているのでしょうか。
すごいなー、不思議だなー
と思いながら春の爛漫を楽しませていただきました。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-21 08:19 | 草と木 | Comments(0)

スミレの香り

自然感察川柳
春風に スミレ異国の 香を乗せて
e0047581_4194590.jpg
e0047581_420650.jpg

我が家にはタチツボスミレとこのニオイスミレが咲きます。
タチツボスミレは今年は数が少ないです。
昨年、ツマグロヒョウモンの幼虫がさんざん葉っぱを食べたからでしょうか?
ニオイスミレは今年も元気に花を咲かせました。
ヨーロッパ原産。
甘い香りが漂います。
香水の原料にもなるそうです。
姿かたちは日本のスミレとそんなに変わりませんが
はるかなヨーロッパの香り、
ネットにはナポレオンが愛したともあります。
ヨーロッパというだけでロマンチックな感じがするのは
どうしてでしょう??
鹿鳴館の時代からしみついた
西欧にあこがれる感覚がきっと私にもあるのでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-20 04:46 | 草と木 | Comments(0)

今ドングリは…

自然感察川柳
芽を出すぞ! どんぐりふんばり 
                  赤い顔
e0047581_4365075.jpg

一昨日3月14日野川公園にて。
コナラのドングリは秋に落ちると
割と早めに根を出して、その状態で冬を越すのだそうです。
殻が割れてドングリの中身が見えてます。
これが寒さのせいか赤くなることもあります。
ドングリの中身は双葉。
そばに殻があるのが見えます。
ゆっくりドングリの中身は本葉を出すために
動いているのでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-16 05:00 | 草と木 | Comments(2)

生まれたよ!

自然感察川柳
生まれたよ! オタマひらひら 春の水
e0047581_8225984.jpg


一昨日の3月11日、多摩川べりで。
小さな命の誕生です。
いつ出てきたのか正確にはわかりませんが
まだいわゆる頭の大きなオタマジャクシのかっこうはしていません。
横になって寝ていて時々ヒラヒラ動いていました。
きれいな湧き水の小さな流れです。
また来るときはどのくらいになっているのか
楽しみです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-13 09:02 | 虫と動物 | Comments(2)

なお、生きる

自然感察川柳
裂かれても 芽吹く命や ヤナギの木
e0047581_17593833.jpg


今日、和泉多摩川水辺の楽校にて。
大きく二つに裂けたヤナギの木。

咲けた幹から枝がたくさん出ていますが
これらは生きていて芽吹きも近そうです。
道が狭くて正面から撮れなかったのですが
こちら側もたくさん枝が出て芽吹いています。
数年に一度は水につかるという河畔林。
倒れたりこのようにさけたりしてもなお芽吹く。
生命の力強さが形になったような木でした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いします
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-11 18:09 | 草と木 | Comments(0)

見つけたよ!

自然感察川柳
都会でも ひょっこり見つかる 
               つくしんぼ

e0047581_544942.jpg

昨日、湾岸近い中央区のビルの植え込みにて。
たくさんツクシが出ているのを発見!
ツクシンボは杉並の住宅街の駐車場でも
見たことがあり、意外と「へえ」というところで
見つかる気がします。
もっとも「植え込み」というのは
その木がもともと植わっていたところの土が
いっしょに来るので
意外と自然豊かな場所の動植物がいっしょに運ばれるのですよね。
ポイントは「土」なのですね。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いいたします
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-09 05:13 | 草と木 | Comments(0)

トチの冬芽

自然感察川柳
つややかに 光るはトチの 防護服
e0047581_5211161.jpg

一昨日3月6日野川公園にて。
トチの冬芽は水あめでコーティングされたみたににつやつやです。
ただこれはべたべたしていて
虫などもくっついているので、なめたりしないほうがいいです。
これは芽を守るための工夫の一つ。
ちゃんと芽鱗という冬芽を守る服も重ねていますが
その上に樹脂でコーティングしています。
冬芽がとても大きいので守りが堅いのかもしれません。
冬芽の守り方はいろいろな作戦があり
植物の多様な生きざまに感心させられます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いします
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-08 05:23 | 草と木 | Comments(0)

残り物の秘密

自然感察川柳
売れ残る センダンの実も うまくなり?
e0047581_11182935.jpg
 
昨日野川公園にて。
黄色くかわいいセンダンの実は毒なのだそうです。
ペットなどが食べると中毒を起こすとか。
冬中食べられないのですが
春近くなると鳥が食べている姿をみかけます。
なぜ春になると食べるようになるのでしょう。
 1この時期食べるものが一番少ないので仕方なく食べる
 2この時期熟して味がよくなる。
 3この時期毒がぬける。
ヒヨドリに聞いてみたいです。

  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったらクリックお願いします             
[PR]
# by nabana05 | 2013-03-07 11:20 | 草と木 | Comments(0)