ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

洗濯機

21年以上使っていた洗濯機をついに買い換えた。
脱水がやけにガタガタしたり、あまりしぼれていないときがあったりして調子が悪かった。
ちょっと前にほうきをつっこんで洗濯機の下をそうじしたのだが、そのあと
洗濯機を回したら、隣の洗面台の間の床で何やら黒いものが動いている。
ギョッとなってよくみたら、洗濯機の底からベルトのようなものが出ていて
振動に合わせて動いているのでした。
ひっぱって水でも漏れると困るのでそのまま放置して使っておりました。
昨日電気屋さんに聞いたら、「洗濯槽をつりさげているベルトが切れた」のだそうだ。
なるほど、だからガタガタしていたり、やけに洗濯物が偏ってしまったのか。
さて新しい洗濯機は斜めのドラムではなく縦型で乾燥機のついているもの。
中が見えて楽しい。洗剤をポケットにいれると、周りから洗剤の溶けた泡が滝のように
ふりそそいで、目を丸くしてみていた。
ただ、洗い上ると洗剤の香りが思ったより残っていた。
ネットで調べてみると、これとは違うがドラム式洗濯機は水を使う量がたいへん少なく
洗剤の匂いなどが全自動より残ることがあるらしい。
ただ、ドラム式も同じと思うが、これはすすぎの水量は自分で調整できるようになっている。
メーカーはちゃんとわかっていて、自分でよい洗濯の仕方を考えてね、と言っているようだった。そこまで節水を大事にしているというのが従来にない発想でおもしろいなと思った。
機械は付き合い方なので、うまい付き合い方をしていこうと思う。
[PR]
by nabana05 | 2008-08-29 05:57 | その他
<< 無花果 湖西逍遥2 鮒ずし >>