ブログトップ

草と言葉

kusakoto.exblog.jp

ミズナラの水栽培

ドングリ笛を小学校で子供たちに教えている方から、ミズナラのすでに根の出たドングリを分けていただいた。おまけに穴あきペットボトルまでいただき、あとはひごを通してドングリを引っ掛けるだけ。大きい方の葉はその方が発芽させたものだけれど、小さい方はうちで出てきたもの。昼間は日に当てるものの、家の中で山の木が水栽培できるのは楽しい。小さい小さい葉を精一杯広げていると、かわいらしい。ミズナラは山地のナラ。材に水が多く含まれるのでついた名らしい。寒冷な地を好むから冷房なしのうちの夏はきびしいだろうなー。
e0047581_6441259.jpg

[PR]
by nabana05 | 2009-04-01 06:42 | 草と木
<< 海鹿島 地球のかけら >>